2011年03月17日

何かさせて欲しい

ずっと ずっと 考えています。

何ができるか。



今できるのは寄付だといいますが それはしました。できる限り。



飛んで行きたい。いてもたってもいられません。

でも、家族があります。みんな、そうだと思います。

放射能が漏れている。なおさら行けない。





だったら、被災者をこっちに連れてきて欲しい。

私の住む滋賀県は海がなく、今のところ余震も少なく被害はありません。

各都道府県から向かえのバスを出して、迎える準備ができないものだろうか?

全国には、助けたい人が山盛りいる。

こっちにさえ来てもらえたら、できることがたくさんある。

関東地方などは計画停電などもあり、静岡での大きい余震もあり、

迎え入れに充分な余裕がないかもしれないけど

仮に今 滋賀の体育館とかに被災者の方々が続々と到着したら

滋賀のみんなは届けたくて仕方ない物資や食事、いろんなお手伝いができると思う。

他の県などでもそうだと思う。

ボランティアの派遣についてさんざん調べたけど 自分の寝床、食料を確保できる人。

私にそんなのあるわけない。

日本全体で助けたい気持ちがこんなに溢れているのに。

寄付金、今すぐ使って全国からガソリンや灯油を届けて。

バスで 遠くへ非難可能な人(家族が揃ってるとか)非難したいけど行き先も手段もない人達に

各都道府県から向かえを出して欲しいです。

そうすれば身内を探すために留まりたい人に食べ物や飲み物も行き届きやすくなるのではないか?



滋賀でも県営住宅を無料で半年提供するとのこと。



足りない。

全然足りない。。



もどかしくてたまりません。


息ができないようなこの気持ちを どうしていいかわからない。。。

他人事じゃない。我が国のこと。


文もまとまりません。

何かさせて欲しい!!!!!!!!


posted by ako at 13:08| 滋賀 ☀| Comment(7) | 消しゴムはんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
akoさん、はじめまして。
(前にも一度、コメントを残したような残していないような・・・)

ブログをよく拝見しています。
中国在住で、中国語に翻訳されている本を持っています!

私が思うことですが、akoさんには、「消しゴムはんこ」があるじゃないですか!
今すぐではなく、被災地が落ち着いて、一般人が行けるようになってから、現地のデパートや小中学校へ、消しゴムはんこを教えに行ったら良いと思います。

そのために、今は、たくさんのはんこを作って、たくさん売って、その時がきた時のための資金作りをしたらどうでしょうか?

今すぐ、被災地に行くこと、直接何かをすることだけが方法ではないと思います。
今は、自衛隊や救援のプロの人たちが活躍しています。
一般人ができることは、募金くらいのようです。

私のブログでも紹介させていただきました、
阪神大震災で被災された経験がある、
西宮市議会議員・今村岳司さんのブログです。
http://xdl.jp/diary/">http://xdl.jp/diary/
ぜひ参考になさってください。

被災地のみんな、数ヶ月後に、akoさんが消しゴムはんこを教えに行ったら、きっと喜ぶだろうな。

私も中国で、自分にできることを頑張ります。
Posted by うめひよ at 2011年03月18日 00:15
初めまして、こんにちは。素敵な考えだと思います!賛成です^-^。 私も何かしたいと思うばかりで、もどかしく暮らしています。
Posted by ゆきぞう(三兄弟母) at 2011年03月18日 10:25
akoさん、こんにちわ!
以前お名前ハンコをオーダーさせていただいたミルキー☆です。
私は東京在住ですが、余震もまだまだあります。
遠く離れた東京でこんなに揺れるんだから、被災地は本当に大変だと思います。
akoさんの用に何かしたい!と思うけど、募金、節電、買占めをしない!の他には祈ることしか出来ない状況です。。そんな私ですが、コチラの企画に参加してみようと思います。
http://ameblo.jp/artzakka/
桜の写真とハンドメイド商品を募集してます。
写真はポストカードにして販売予定、ハンドメイド商品はイベントなどで販売予定。売上のすべてを日本赤十字を通じて寄付するそうです。私はこの企画の主催者の方を知っていますが、とても優しく気持ちの大きな信頼出来る人だと思います。akoさんの植物の写真はキレイなのでもし桜の写真があったらご協力いただけると嬉しいです☆いろんな方に知っていただきたいなぁ~と思ってます。
Posted by ミルキー☆ at 2011年03月18日 13:25
はじめまして。
私も本当に心からそう思います。
私の実家は福島県なんです。 両親、祖母が被災地に残っています。
放射能のことで 地震後1週間たった今でも
支援物資も入ってきていません・・・
水道もまだ止まったままです・・・
逃げようにもガソリンも入ってこないので 逃げることすらできずにいます。
他県へ避難した方もたくさんいますが
私の家族以外にも妊婦さんや小さいお子さんがいる方も残っているそうです。

どうにかしたいのに、何も出来ない自分がいます・・・
悔しくて akoさんのブログを読んで 本当に各都道府県から迎えのバスを出してほしい。。。
本当に心からそう思いました。


Posted by たっきー at 2011年03月18日 20:23
akoさん、前に一度コメントさせて頂きました。いつもブログを拝見させて頂いています。akoさんのはんこ大好きです。

私は福島市に在住です。
毎日放射線量をチェックしていますが、南相馬市やいわき市などほとんどの地域よりも2番目に高くなっています。(10〜12マイクロシーベルトくらい)怖くて2日間外に出ていません。
まだ水道も通っていなくて顔も洗えないしお風呂にも入っていません。
幸いなことに家族は無事で家も壊れなかったので家がなくなってしまった方々や支援物資が届かない方々よりは恵まれていると思いますが、ガソリンがなくて移動もできません。
私の所は食料は十分あるのですがここ2日間外にも出られず換気もできず疲れてきました。
まだまだライフラインがなく物資が届いていない方が沢山います。
その方々を本当にどうかしてあげたいです。

いわき市の2歳とお母さんの親子はもうカップスープとチーズしか食べるものがないと言っていました。
大きな所には沢山届き始めてますが、孤立している人達には何も届いていません。私も本当にもどかしいです。

長々と思ったことを書いてしまってすみません。
Posted by ローラ☆ at 2011年03月19日 01:17
来ますよ!みんな。移動できる少数の方だけでしょうが、来られます。もうじき、きっと。
関西広域連合で「そのような方向でも支援していこう!」「避難所ごと受け入れよう」となったので。
滋賀県がどのくらい受け入れられるのかわかりませんが、「できること!」をしていきましょう。
「がんばれ!日本」です。
Posted by ま○○ま=抹茶 at 2011年03月19日 07:01
アメブロで木梨憲武さんが次々と太陽の絵をアップしています。
漫画家の井上雄彦さんが笑顔のイラストを次々と発表しています。
ものが作れる人には、きっと誰かを笑顔にする力があります。
akoさんの作品と「口角あげて」という言葉に今まできっと何人もの人が
笑顔になってきたはずです。私もその一人です。

この度の悲しみやショックは大きすぎるけれど、
いつも笑顔の人が悲しんでいたらきっともっとつらくなってしまう。
ぜひ、いつもの倍笑顔で周りを照らしてください。

家も主人が友人と路上でチャリティーライブをしています。
計画停電で真っ暗な中歌っています。
うるさいと自転車で突っ込んで邪魔する人もいましたが、
みんな足を止めて募金に協力してくれました。

協力したくても置きっぱなしの募金箱や
受身の振込募金にはなかなか乗り出せない人もいます。
音楽で語りかけたことで、答えてくれる人がいた、
なにかしたいと思う人の行動のきっかけになったと思いました。

akoさんの作品も、そんなきっかけになるかもしれません。
個人でできることには限界があるかもしれないけれど、
人を巻き込むことは無限にできると思います。
それは誰にでもできることではないと思います。
今までに何かを積み重ねてきた人だからこそ
大勢を巻き込む力を持っていると思います。

口角上げて考えましょう!私もできること探します!
Posted by 703 at 2011年03月19日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。